ペリーは何故浦賀に来たのか?

我々は、初めてペリー以来の願望を達した!!

 

日本が戦争に負けた後、1945年9月2日、軍艦ミズーリ号の上で、
降伏文書の調印式が行なわれた、この時ペリー来航当時の「星条旗」が、掲げられました。

調印式

どういうことなのでしょう?

実はアメリカにとって、ペリーの日本遠征、それから92年後の調印式との間には深い関わりがあったのです。

西部開拓を推し進めていたアメリカは1845年にメキシコからテキサスを奪い取りました。アメリカはこうした領土拡張は人口増加による当然の政策であり、神から与えられた明白な運命、であると正当化しました。

これがアメリカの「大義」であり、ペリーの日本遠征の動機になったのです。

ペリー(フリーメイソン)による日本開国の陰の功労者として、アメリカの議会から表彰された人物にアーロン・ヘイト・パルマー*1と言う実業家がいます。

パルマーは、日本を調べ尽くし、そして「日本開国計画」を立案。開国のため戦略を練り、大統領や国務長官に熱心に説き続けました。彼が提出した意見書には

「艦隊を直接江戸に向かわせ、将軍もしくは幕府の局部の長に面会を求めよ。それ以外の下級役人などとは接触するな」と提言しました。

どうです、この方針はペリーが取った態度と見事に一致します。

また「拒否されたならば、武力で、江戸湾を封鎖し、品川を抑えよ」*2とも

我が国が負けた1945年8月14日の(時差で一日違う)
アメリカの新聞ニューヨーク・タイムズは
「我々は、初めてペリー以来の願望を達した。
もはや太平洋に邪魔者はいない。
これで中国大陸のマーケットは我々のものだ。」
と、書いています。

べりーの来航はアメリカのマニフェスト・ディスティニィと名付けられた世界戦略の一環だったのです。

☆マニフェスト・ディスティニィ=明白なる宿命
アメリカこそが自由と民主主義に基づく道徳世界を築き上げる責務を神によって委ねられた国だ。

 

その後の戦争の多くが仕組まれたものであったのが読み取れます。

戦時中、何故日本に石油があって戦争が続ける事が出来たのか考えたことがありますか?

戦争に負けて、日本はJHQに依って世論操作されました。
※世論操作は、日本に於いても戦前からあったことです。

アメリカの悪い事は、徹底的に一切、報道禁止でした。

思い出すのは、「ララミー牧場」などの西部劇。当時の私はアパッチなどインディアンが悪者の様に見えました。何で襲撃してくるのか野蛮だと当時は思っていました。しかし後になって本当の事が解って、、、アメリカを美化する刷り込みだったんだ、、、

アメリカ大陸にはすでにインディアン(先住民族)が住んでいて、そこの土地を略奪している時の話だったんですね。。。本当の歴史を知らないと騙されます。
  (「日米衝突の根源1858-1908」渡辺惣樹著を、参考)

 

 

 ※1  アーロン・ヘイト・パルマーは、ロスチャイルド*3の代理人で、パナマ運河開墾工作にも関わっていました。
著者「アーロン・パーマーとオーガスト・ベルモントの出会いを扱ったロスチャイルドアーカイブスの論文」が決め手となった ..フリーメーソンの会員でもあり、ロスチャイルドというアメリカ政治を裏で動かす人々の利益を代弁した。

ペリーを日本に送り込んだのは、オーガスト・ベルモントだと

オーガストは1849年にペリー提督の娘キャロラインと結婚。ユダヤ人ジャーナリストが書いた『ユダヤの告白』という本では、ペリー提督を日本に送り込んだのは、このオーガスト・ベルモントだと書かれている。その目的は、彼らは中国に阿片を売りつけていたので、ついでに日本にも阿片を売りつけようとしたらしい。

真偽のほどは明らかでないが、当時の状況を考えると十分あり得る話。オーガストは、このペリー家やモルガン家と結びつきボストン財閥を形成していく。そして、1856年には民主党の党首になり、約20年間、政治と実業界に影響を与えた。

 

 

 

 ※2  ペリーから教えられた白旗の意味とは⇒こちらへ

 ※3  ロスチャイルド一族⇒ こちらへ

 

 

明治大帝⇒こちらへ

 

 

©copyright Fusiginasekai. All rights reserved.